筋肉痛治療.com

筋肉痛治療.com HOME筋肉痛の基礎知識筋肉痛になりやすい箇所筋肉痛の解消法痛みを抑えるには?筋肉痛の間違った概念

痛みを抑えるには?

「マッサージ」をする

筋肉痛の痛みを和らげる方法として、「患部をマッサージする」という方法もオススメです。患部をマッサージすることで血流量が上がり、血流量が上がることで回復のスピードも上がるという仕組みです。そこで、筋肉痛に効果があるマッサージ方法を紹介していきましょう。

まず、「押す」のではなく「さする」という動作を心がけてください。「押す」という方法は、筋肉が硬くなっている時に有効な方法であり、「ほぐす」という効果を期待したものです。しかし、筋肉痛の場合、「ほぐす」というよりも「温める」という効果を狙った方が良いのです。したがって、患部を軽く「さする」ことで、ジンワリと温めるようにしておきましょう。

また、間違っても強くマッサージするということは止めてください。確実に逆効果になるでしょう。強く押しすぎたあまり、「よけいに筋繊維が傷ついてしまった…」ということもありますしね。

しかし、マッサージをしていると、「逆に痛みが大きくなった…」ということもあります。「軽くさする」という方法でやっていたのに、なぜか痛みが大きくなるという不思議な現象です。不安になりそうですが、これに関しては何も心配する必要はないと思いますよ。筋肉痛の回復には、十分な血流量が必要なのですが、痛みがピークを迎える前までは、血流量が上がるほどに痛みが増すこともあるのです。したがって、「痛みが増した…」というのは、「血流量が上がっている」ということであり、それは、「回復に向けてスピードが加速している」ということなのです。

ただし、どうしても痛みがひどくなるようなら、すぐにマッサージを止めて「冷たい湿布」を貼っておきましょう。そうすると血流量が抑えられますので、完治は遅くなるものの、その時の痛みは和らげることが出来ますよ。

筋肉痛の基礎知識

筋肉痛になりやすい箇所

筋肉痛の解消法

痛みを抑えるには?

筋肉痛の間違った概念

このサイトについて

▲ページの上へ戻る