筋肉痛治療.com

筋肉痛治療.com HOME筋肉痛の基礎知識筋肉痛になりやすい箇所筋肉痛の解消法痛みを抑えるには?筋肉痛の間違った概念

痛みを抑えるには?

「湿布」を貼る

軽度の筋肉痛なら、完治するまでいくらでも我慢できますが、重度の筋肉痛は大変ですね。まともに歩くことも出来ませんし、「筋肉痛なので仕事を休みます…」とも言えません。そこで、「ひどい痛み」を伴う筋肉痛になった時の、「痛みを和らげる対処法」を勉強してみましょう。

まずは「湿布」ですね。これが最も手っ取り早い方法かもしれません。患部にピタッと貼るだけで、徐々に痛みが和らいでいきます。ところが、「冷やす湿布にするの?それとも温める湿布にするのか?」という疑問がありますね。筋肉痛は、損傷した筋繊維が回復する過程で起きる「炎症」が原因とされる説が一般的です。つまり、炎症を抑えるのであれば、「冷やす湿布」の方が効果的だと思うのですが…

ベストな方法を紹介すると、「冷やす湿布と温める湿布の両方を使う」ということです。前述の通り、筋肉痛は損傷した筋繊維が回復する過程での「炎症」が大きな原因とされています。したがって、血流量が増えるほどに「痛みも増す」とされているんですね。つまり、この時は炎症を抑えるためにも「冷やす湿布」で対処する方が効果的なのです。

しかし、ずっと冷やしたままだと「完治が遅い」と言えるんですよ。当然ですね。冷やすと血流量が落ちるため、痛みは抑えられますが、完治には十分な血流量が必要なのです。したがって、ある程度痛みが落ち着いてきたら、今度は「温湿布」に変えてやる方法があります。こうすることで、効率的に完治できるということなんですね。

また、最近では「貼るタイプの湿布」ではなく、「スプレータイプの湿布」もあります。さらに「無臭」のものもありますので、「オフィス中に湿布の匂いが…」なんてこともありませんよ。

筋肉痛の基礎知識

筋肉痛になりやすい箇所

筋肉痛の解消法

痛みを抑えるには?

筋肉痛の間違った概念

このサイトについて

▲ページの上へ戻る