筋肉痛治療.com

筋肉痛治療.com HOME筋肉痛の基礎知識筋肉痛になりやすい箇所筋肉痛の解消法痛みを抑えるには?筋肉痛の間違った概念

筋肉痛の解消法

積極的休息

筋肉痛の解消法は様々ですが、大きく分けると「消極的休息」と「積極的休息」に分かれます。「消極的休息」とは、「何もせずにジッと治るのを待つ」という方法であり、また、何もしないだけでなく、「湿布などを貼って、痛みを和らげながら何もしない」という方法も消極的休息に分類されます。一方、消極的休息とは違い、適度な刺激を筋肉に与えてやることで、筋肉痛の完治を速めるという方法もあります。これらの方法を「積極的休息」と呼んでおり、「荒療治」のように思えますが、正しいやり方を知っておくとこっちの方が完治まで速くなるケースもあるのです。

まず、積極的休息の方法として有名なのが「運動」ですね。皆さんが学生の頃、運動部に所属していた人も多いと思いますが、「筋肉痛は動けば治る」という話を聞いたことはありませんか?これは、ウソではなく本当のことです。適度な運動をしてやることで、体内の温度を上げ、血行を良くすることで「回復を促す」という方法です。また、運動中は運動に意識が集中しているため、「筋肉痛の痛みを忘れている」ということもあります。スポーツ経験者ならこの感覚を分かって頂けることでしょう。

また、「マッサージ」も積極的休息に分類されます。痛みを感じるところを軽くマッサージしてやることで、回復を促すための血流量を確保し、完治までのスピードが上がるというものです。

ただし、積極的休息の場合、「やりすぎ」は禁物です。たとえば、「運動していれば痛みがなくなる」と思うあまり、いつものように激しい運動をするのは考えものなんですね。それ以上に筋繊維の損傷が激しくなり、最悪のケースで「肉離れ」、あるいは「筋断裂」なんてことにもなるのです。こうなると、完治までに数週間〜数カ月は必要になってきますので、あくまでも「軽い運動」にしておきましょう。また、マッサージの場合も同じですね。痛みを和らげたい気持ちは理解できますが、強くマッサージすると逆効果です。「優しくさする」という程度のマッサージにしておきましょう。

筋肉痛の基礎知識

筋肉痛になりやすい箇所

筋肉痛の解消法

痛みを抑えるには?

筋肉痛の間違った概念

このサイトについて

▲ページの上へ戻る