筋肉痛治療.com

筋肉痛治療.com HOME筋肉痛の基礎知識筋肉痛になりやすい箇所筋肉痛の解消法痛みを抑えるには?筋肉痛の間違った概念

筋肉痛の解消法

消極的休息

筋肉痛の解消法には様々な種類がありますが、大きく分けて2つの方法に分類することが出来るんですね。そこで、まずは「消極的休息」というものを勉強してみましょう。

「消極的休息」を簡単に説明すると、「治るまで静かに待つ」ということになります。たとえば、「何もせずに寝て治す」という方法ですね。筋肉痛の痛みのメカニズムは完全に解明されていませんが、最も有力な説は「筋繊維の損傷が回復する時に炎症を起こし、それが痛みとなる」というものです。したがって、何もせずにジッとしていても、いずれは完治するのです。しかし、社会人の方であれば、「筋肉痛なので休みます…」とは言えませんよね。間違いなく上司から「ひんしゅく」を買ってしまうでしょう。ですので、消極的休息でありながら、「痛みを和らげることも出来る方法」を知ることが大切なのです。

まずは「湿布」です。筋肉痛は、徐々に痛みがひどくなり、ピークを越えると今度は徐々に痛みが和らいでいきます。痛みのピークを迎える前までは、出来るだけ「冷やす」という方法を実践しておきましょう。「冷やすための湿布」などを使うと効果的ですね。つまり、筋肉痛の初期の段階では、「完治よりも痛みを和らげる」という意味で、「冷やす」という方法が有効なのです。

そして、痛みのピークが過ぎたころに、今度は「温める」ことが効果的になってきます。「温湿布」などを貼っておけば良いでしょう。温めることで、血流量が上がり、完治までのスピードを速めることが出来ます。しかも、痛みのピークを過ぎているため、「温めるあまり、痛みがひどくなった」ということもありません。

さらに、痛みのピークが過ぎた頃には、「入浴」という消極的休息も効果的ですよ。低めに設定したお湯にジックリとつかって、体の芯から温まるようにしておきましょう。こうすることで血流量も上がるため、「早く完治させる」が可能になるのです。

筋肉痛の基礎知識

筋肉痛になりやすい箇所

筋肉痛の解消法

痛みを抑えるには?

筋肉痛の間違った概念

このサイトについて

▲ページの上へ戻る