筋肉痛治療.com

筋肉痛治療.com HOME筋肉痛の基礎知識筋肉痛になりやすい箇所筋肉痛の解消法痛みを抑えるには?筋肉痛の間違った概念

筋肉痛になりやすい箇所

「ふくらはぎ」など

学生の頃、特に中学校で運動部に入ったすぐ後で、「足の筋肉痛」に悩んだ人も多いはずです。今の中学校の運動部では、昔ほどの「厳しい筋肉トレーニング」はないようですが、やはり本格的にトレーニングを始めた時の筋肉痛には辛いものがあります。

足の筋肉痛と聞くと、まず思い浮かぶのが「ふくらはぎ」ですが、「太もも」の筋肉痛も大変です。私が中学校に入学した頃、すぐスポーツ部に入部したのですが、当時は、「1年は筋トレ!」が主流だったのです。スポーツの種類に関係なく、1年生の1学期は筋トレばかりやらされました。翌日の体育の授業の時など、運動部に入った全員が「ぎこちない走り方」をしていましたよ。

このように、足の筋肉痛の場合、「歩行」に支障が出ることもあります。ひどい痛みを伴っていると、「がに股でゆっくりとしか歩けない…」なんてこともありますね。しかし、足の筋肉痛は、背中などと比べると解消法がやりやすい場所でもあるのです。

まず、「ストレッチしやすい」ということですね。「アキレス腱」を伸ばしたり、開脚運動で股関節の「稼動域」を広げるなど、じつにたくさんの方法があります。激しい運動をする前などは、ぜひこれらのストレッチで筋肉や関節をほぐしておきましょう。また、運動後のストレッチも大切ですね。たとえば、「短距離走」を繰り返し練習した後は、ゆっくりとランニングをすることで筋肉をスムーズに落ち着かせられます。また、運動後に湿布などで「筋肉の熱を取る」という方法も有効です。運動中の熱が筋肉内に溜まると、どうしても痛みがひどくなりますので、運動してすぐに冷やすことで、少しでも痛みを和らげることが出来るのです。

また、普段からランニングなどの運動をしている人は、負荷に「耐えられるだけの筋肉」を持っていますので、やはり「普段から少しずつ運動をする」ということが大切なのかもしれませんね。それが出来れば何も問題はないのですが…

筋肉痛の基礎知識

筋肉痛になりやすい箇所

筋肉痛の解消法

痛みを抑えるには?

筋肉痛の間違った概念

このサイトについて

▲ページの上へ戻る