筋肉痛治療.com

筋肉痛治療.com HOME筋肉痛の基礎知識筋肉痛になりやすい箇所筋肉痛の解消法痛みを抑えるには?筋肉痛の間違った概念

筋肉痛になりやすい箇所

「肩」や「背中」

筋肉痛が表れる場所は人によって様々ですが、「肩から背中にかけて」という場合も多いですね。遠足やピクニックなどに行って、重いリュックサックなどを背負った次の日などは、肩から背中にかけてズキズキと痛みが走ることがあります。人間の背中には、「背筋」という筋肉があります。また、背中の上の左右にある「三角筋」などは、背中と肩をつなぐ大きな役割を持っています。普段からこれらの部分の筋肉を鍛えているなら、運動で多少の負荷をかけても問題ありませんが、運動不足の人の場合、翌日以降に「ひどい痛み」を伴った筋肉痛が表れることもあります。さらに、「肩」は日常生活でよく動かす場所であるだけに、「肩から背中にかけての痛み」は本当に辛いと言えるでしょう。

背中の筋肉痛は、「ジッとしていても痛いけど、動いても痛い」の「ダブルパンチ」であることが多いのです。しかも、自分で湿布を貼りたくても、「手が届かない…」なんてこともありますね。

さて、肩や背中に負担をかけそうな運動をする前には、やはりストレッチをしておくことが大切です。ストレッチは、筋肉痛予防で最も効果のある方法ですので、しっかりとストレッチをしておくことで、翌日以降の痛みを和らげることが出来るんですね。

まず、両手を上にあげて、「バンザイ」するような格好を作ります。そこからグイッと「後ろ」に体を曲げておきましょう。また、「バンザイ」の状態から左右に体を曲げておく方法も有効です。これを何回か繰り返すだけで、運動による筋繊維への負担をいくらか軽減することが出来ます。また、運動後のストレッチも欠かせませんね。ストレッチは、どうしても運動前だけやってしまうことが多いのですが、「運動後のストレッチ」も、その後の筋肉痛を予防する効果があることを知っておきましょう。

筋肉痛の基礎知識

筋肉痛になりやすい箇所

筋肉痛の解消法

痛みを抑えるには?

筋肉痛の間違った概念

このサイトについて

▲ページの上へ戻る