筋肉痛治療.com

筋肉痛治療.com HOME筋肉痛の基礎知識筋肉痛になりやすい箇所筋肉痛の解消法痛みを抑えるには?筋肉痛の間違った概念

筋肉痛の基礎知識

筋肉痛の原因

筋肉痛の原因について考えてみましょう。まず、筋肉痛は、日常生活にはない「激しい運動」をした後で発症します。したがって、「運動」が大きなキーワードになることは間違いないでしょう。

日常生活の中で、定期的に運動をしている人であれば、「運動する」という行為が体にプログラミングされているため、それに耐えられるだけの筋肉がすでに備わっています。しかし、普段ほとんど運動しない人の体には、「耐えられるだけの筋肉」と付ける必要がありませんので、その状態で運動をしてしまうと体がビックリしてしまうんですよ。

運動をしない人が急に運動をすると、「ありゃ!急に運動を始めたぞ!筋肉を動かさなきゃ!」となり、脳が筋肉に「動け!」と指令を出します。しかし、いかんせん「普段は使っていない筋肉」です。急に運動すると、当然ですがその負荷に耐えられず、筋繊維の一部が「損傷」してしまいます。

一説には、損傷した部分が回復される過程で「炎症」を起こし、それが「痛み」となる、とされていますが、「乳酸」が溜まることによって「血行不良を起こしている」ともされています。じつは、「痛みを伴うメカニズム」に関しては、いくつかの説が出されており、いまだ1つには絞られていないのです。しかし、最も有力な説としては「回復過程で炎症を起こしているから」と言われており、現在ではこの説に対する大きな矛盾は見つかっていません。

このように、まだハッキリとした原因は見つかっていないのですが、どのような原因であれ、「運動」というキーワードが関わっていることは間違いありません。要するに、「運動に耐えられるだけの筋肉を付ける」ことが大切であり、突き詰めるならば「運動不足こそ原因」と言えるかもしれませんね。


[PR]>>老健の医師の求人をみつけるならココから最新求人が見つかる!

筋肉痛の基礎知識

筋肉痛になりやすい箇所

筋肉痛の解消法

痛みを抑えるには?

筋肉痛の間違った概念

このサイトについて

▲ページの上へ戻る